ペット(犬の登録・予防接種)

ペット

ペットとしてかわいいワンちゃんも、人間と同じように登録や予防接種が必要です。

犬の登録をしない、犬に狂犬病予防注射を受けさせない、鑑札・注射済票を付けない場合は、法律により罰金又は科料が科せられますのでご注意下さい。(20万円以下の罰金)

犬の登録

犬を飼うときは、飼い始めの日(生後90日以内の犬を飼い始めるときは、生後90日を経過した日)から30日以内に犬の生涯に1度の登録をしなければなりません。

登録事項

所有者の住所、氏名・犬の所在地・種類・生年月日・毛色・性別・名前・特徴など

登録手数料

3,000円(鑑札を含む)

変更届等

飼い犬が死亡したり飼い主が変わったときは、それぞれ死亡届・変更届を提出しなければなりません。 犬を譲るときは鑑札も一緒に渡し、新しい飼い主になる方へ、居住する市町村で変更の手続きをされるようお話してください。

届出に必要なもの

鑑札・注射済票

届出の内容

犬の飼い主の氏名・住所/登録年度・登録番号/死亡の年月日

狂犬病予防注射

犬を飼っている人は、飼い犬に毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務付けられています。

町では年2回(春・秋)実施しており、自治区回覧・IP告知端末機でお知らせしています。町で行う狂犬病予防注射を受けることができない場合は、最寄の動物病院でも受けられます。

狂犬病は人に感染し発病すると死亡率が100%という恐ろしい病気です。予防注射を必ず受け、注射済票を受け取りましょう。鑑札と注射済票は犬の身分証明となります。

予防注射料金(町で行う場合)

3,110円(注射済票含む)