幌加内町ふるさとワーキングホリデーの参加募集について【募集終了】

ふるさとワーキングホリデーとは

 
 都市部などにお住いの方々が、一定期間地域に滞在し、働きながら地域の人たちとの交流や学びを通じて、地域の暮らしなどを体験していただく事業です。
 総務省の実施事業であります「ふるさとワーキングホリデー」を、幌加内町でも令和3年度より実施します。

総務省ポータルサイト

幌加内町ワーキングホリデー

幌加内町ふるさとワーキングホリデーについて、応募者定員を満たしたため、今年度の募集は終了致しました。

参加条件

・北海道以外に居住している方
・2週間以上地域に滞在できる方
・受入企業での就業を不自由なくこなせる方

事業実施期間

令和3年8月~9月の間で、2週間以上地域に滞在できる方

募集人数

1~2名程度(募集終了)

受入企業について

□企業名
NPO法人シュマリナイ湖ワールドセンター

NPO法人シュマリナイ湖ワールドセンターHP

□所在地
 北海道雨竜郡幌加内町字朱鞠内
□業種
 観光振興業等
□業務の内容
 朱鞠内湖周辺施設の管理運営
 ・キャンプ場管理補助業務
 ・宿泊施設清掃業務
 ・わかさぎ漁、わかさぎ加工業務
□就業時間
 8時30分~17時30分(休憩1時間)
□賃金
 時給900円
□加入保険
 労災保険

宿泊場所

□宿泊施設
 レークハウスしゅまりない
□所在地
 北海道雨竜郡幌加内町字朱鞠内(就業地)
□宿泊費
 1泊3食付き 6,500円
 ※幌加内町より1泊につき、5,000円の補助が出ます。

ホリデーの過ごし方

休日などを利用して、幌加内町の特産品であります、そば粉を利用したそば打ち体験や、就業地であります朱鞠内湖にて、カヌー体験やフィッシング体験などを予定しています。

参加者への補助について

幌加内町では、参加者に対して下記のような補助を行います。
□宿泊費助成
 1日5,000円を限度に補助(最大30日間)
□交通費助成
 滞在期間中の交通費について、最大10万円の補助(公共交通機関等の利用)
□その他
 ・旭川空港から滞在地朱鞠内までに移動支援(幌加内町の職員が送迎します)
 ・期間中に実施される体験交流イベントの費用助成(飲食代は除く)

参加の流れ

1.参加申込書を、メールまたは郵送にて提出いただきます。
2.申込内容を確認後、受入企業と調整をいたします。
3.必要に応じて、Zoomによる面談を行います。
4.申込者に参加決定のお知らせ等を送付します。
5.幌加内町へ来ていただき、ワーホリスタートとなります。

申し込み先・提出先

〒074-0492
北海道雨竜郡幌加内町字幌加内4699番地
幌加内町役場産業課経済観光係
電話:0165-35-2122
FAX:0165-35-2127
Eメール:horokanai014729@gmail.com

その他

新型コロナウイルス感染症の状況によって、事業を中止する可能性がございます。
参加される方々におかれましても、検温等の感染症対策実施のご協力よろしくおねがいします。

ダウンロード

参加申込書

事業の概要

お問い合わせ先

幌加内町産業課 経済観光係