火を使用するすべての飲食店に消火器の設置が必要となります

2019年10月1日から義務化

火を使用する設備又は器具がある飲食店すべてに、消火器の設置と定期点検・報告が必要となります。(2018年12月末現在、幌加内町内で該当となる飲食店の皆様には、消防職員が直接リーフレットをお渡ししてご説明に伺っております。)

飲食店の消火器設置義務化に関するパンフレットはこちらをクリック

なお、一定以上の面積がある飲食店は、すでに消火器が設置されています。

消火器を設置するにあたって

消火器を設置します。標識も忘れずに設置しましょう。

業務用消火器は、消防設備業者や最寄りの量販品店等で購入できます。お店の面積に応じたサイズの消火器の設置が必要です。

消火器を設置後、定期点検と報告書提出が必要です。

6か月ごとの定期点検が必要です。幌加内町内の場合、1年に1回深川消防署幌加内支署へ点検報告書の提出が必要です。

以下の装置が揃っていれば、消火器の設置は免除できます

  • 調理油過熱防止装置
  • 自動消火装置(火災を感知し消火薬剤で自動消火するもの)
  • その他の危険な状態の発生を防止および発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置(例:圧力感知安全装置)

自分で点検できる期間があります

蓄圧式消火器

製造年から年まで外観のみ点検(圧力ゲージがついているもの)

加圧式消火器

製造年から年まで外観のみ点検

詳細は、下記へお問い合わせください

お問い合わせ先

深川地区消防組合深川消防署幌加内支署 予防係